本文

教育・文化・スポーツ

【報告】「宇宙学校inいさ」を開催しました。

平成25年12月14日(土)、大口ふれあいセンターにて「宇宙学校inいさ」が開催されました。会場には101名の"生徒"が訪れ、JAXAの研究者から最先端の宇宙科学の情報を学びました。

 

 

 

宇宙学校の校長を務める阪本成一教授の開校式に始まり、出水市出身の徳留真一郎准教授が「ロケット開発の最前線」、坂尾太郎准教授が「宇宙から見た私たちの太陽」というテーマで授業を行いました。

 

 

 

IMG_1779.JPG

 

↑お話をする阪本校長

 

 

 

IMG_1795.JPG

 

↑「ロケット開発の最前線」授業の様子

 

 

 

 

質疑応答の時間が多くあり、参加した子どもたちは「ロケットの打ち上げに必要な人数が減ると、JAXAの人数は減るのですか?」「太陽が爆発したらどうなりますか?」などの質問をしていました。

 

 

 

宇宙学校を経験した人の中から、将来JAXAの研究者になる人が現れることを期待しています!

 

 

 

 

 

<このページに関するお問い合わせ>

伊佐市教育委員会社会教育課

TEL(0995)26-1554

FAX(0995)26-1055

MAIL k-syakai@city.isa.lg.jp

 

 

 

 


2013年12月20日