本文

教育・文化・スポーツ

【終了しました】 演劇ワークショップ「劇団いさ」発表公演 @「本物感動文化フェスティバル」 参加団体等紹介

DSC01431.JPG 

団体名:演劇ワークショップ「劇団いさ」

 

 出演:12月17日(土)・18日(日) 

  伊佐市内の小学生・高校生(大人含む)

 

 種目:演劇

   

※ 公演詳細はこちら(伊佐市HP内) 

  

  

 

   

「劇団いさ」稽古場から

 

 昨年度の国民文化祭「いさ演劇祭」を経て、伊佐市を拠点に活動する演劇集団非常口(以下、「非常口」と略)の指導のもと、今年6月から新たにスタートした「劇団いさ」。

12月17日・18日の「本物感動文化フェスティバル」では、これまでの練習成果を発表する演劇公演を実施します。

 

 12月11日(日)は仮設で舞台美術を組み、これまで繰り返し練習してきた場面をつなげる「通し稽古」を行いました。

 

 今回上演する作品名は『お月見トラベラー2016』。

 少しミステリアスでSFタッチの、笑って泣ける作品となっています。上演時間は約60分。

 小学生や高校生などの「劇団いさ」参加者と、非常口の劇団員メンバーでお送りします。

 今回は、小ホールに「特設小劇場」を設営し、役者の息遣いが分かる近い場所で観劇できるスタイルとなっています。

 

 脚本は、非常口の島田佳代さんです。島田さんは、大きな演劇脚本賞を相次いで受賞するなど、九州を代表する劇作家です。

 演出は、非常口メンバーで大口明光学園演劇部顧問でもある、石神朋子先生です。

 

 本番をどうぞお楽しみに!

  

 

《練習風景》               

DSC01281.JPGDSC01249.JPG

 

 

 

 

  

 

※ 「本物感動文化フェスティバル 文化パフォーマンス部門」についてはこちら(伊佐市HP内)

  

 

《お問い合わせ先》

 伊佐市教育委員会 文化スポーツ課 文化係

  電話:0995-26-1578

  FAX:0995-26-1202

  メール k-sport@city.isa.lg.jp


2016年12月14日