本文

教育・文化・スポーツ

演劇ワークショップ「劇団いさ」第3期生 発表公演『心にのこる"ありがとう"』について

DSC08268.JPG 伊佐市教育委員会では、「ポスト国民文化祭」事業として、演劇に気軽に触れ、体験する機会を提供する参加型文化体験事業・演劇ワークショップ「劇団いさ」を実施しています。

 第3期生となる平成29年度「劇団いさ」は、10月6日(金)にスタートしました。

※ 画像は練習の様子

 

 

 今年度の発表作品は、市民等の皆様からエッセイ心にのこる"ありがとう"」を募集。

 

 寄せられたエッセイを原案に演劇作品をつくり、それをひとつの作品に構成して上演します。

 

 

〔公演概要〕

 演劇ワークショップ「劇団いさ」第3期生 発表公演

 「心にのこる"ありがとう"」

 

  原     案:エッセイ「心にのこる"ありがとう"」応募作(募集は終了)

  構成・総合演出:島田佳代(演劇集団非常口)

 

  日程 平成30年1月20日(土)・21日(日) 全3回公演  ※ 開場は開演の30分前

      ① 1/20(土)15時30分 開演(「本物感動文化フェスティバル」大ホール発表 終了後)

      ② 1/20(土)19時00分 開演

      ③ 1/21(日)15時30分 開演(「本物感動文化フェスティバル」大ホール発表 終了後)

 

  会場:伊佐市文化会館 小ホール  ※ 入場無料(先着順)

      ※ 入場整理券等は特にありませんので、直接会場にお越しください。

 

  内容:市民等の皆様から募集した、エッセイ「心にのこる"ありがとう"」を原案に演劇作品を

     つくり、それをひとつの作品に構成して上演。

 

  出演:演劇ワークショップ「劇団いさ」第3期生(募集は終了)、演劇集団非常口 劇団員

 

   ※ 以下の3作品をオムニバスで上演します。(順不同) 上演時間75分(予定)

   ※ 脚本・演出は講師の演劇集団非常口 劇団員が担当

   ※ 出演者名の★は非常口 劇団員

 

 ● 「お祖母ちゃん、あいがともさげもした」  ※ リーディング(朗読劇)発表

    原案:小門 幸恵  脚本:石神 朋子  演出:西 和博

    出演:さっちゃん 上原茉利花

       母・美奈子 石神朋子★

       祖母    溝口紀子

       祖父    友枝憲一★

 

 ● 「隕石姉妹」

    原案:岩澤 和徳  脚本:島田 佳代  演出:中岡 美由喜

    出演:隕石 姉  西元麻子★

       隕石 妹  山下美紀

       ミスターI 友枝憲一★

 

 ● 「たくさんのありがとう」

    原案:九重 浩光  脚本・演出:石神 朋子

    出演:浩子 大久保知美

       睦子 春園由佳★

       悠斗 大久保郷平

 

 

【特別企画

 鹿児島県指定 天然記念物「薩摩隕石」特別公開

 

satumainnseki.jpg 上演作のひとつ『隕石姉妹』は、明治19年(1886)に伊佐地方に落下した「薩摩隕石」を題材にしています。

 今回、公演に合わせて鹿児島県立博物館が所蔵する「薩摩隕石」(鹿児島県指定天然記念物)を会場で特別公開します。

 

 ※ 特別公開は、各公演の終演後に30分間、行います。

 

 「薩摩隕石」の詳細はこちら(鹿児島県庁HP)

  協力:鹿児島県立博物館

 

 

※ 情報は変更になる場合もあります。

 

  

《申込・お問い合わせ先》

 伊佐市教育委員会 文化スポーツ課  文化係

 TEL 0995-26-1578(直通)  e-mail : k-sport@city.isa.lg.jp

 FAX 0995-26-1055

 

    

企画・運営 演劇集団非常口    ※ 演劇ワークショップ「劇団いさ」は、演劇集団非常口が

                  伊佐市教育委員会から委託を受けて企画・運営しています。

 

主催 伊佐市教育委員会


2017年12月13日