本文

教育・文化・スポーツ

【終了しました】 演劇を通じた、表現・コミュニケーション能力向上講座 「伝え合う、助け合う、演じ合う」ワークショップ

gekidann3-thumb-650x872-6589.jpg

演劇を通じた、表現・コミュニケーション能力向上講座

「伝え合う、助け合う、演じ合う」 ワークショップ

 

日程 平成30年10月3日(水) 19時30分~21時00分 

会場 伊佐市文化会館 小ホール  ※ 参加料無料

 

講師 田上 豊 氏 (劇団「田上パル」主宰、劇作家、演出家) 

    ※ プロフィールの詳細は下記参照

 

対象 中学生以上(演劇経験の有無は問いません。市外在住者可)

定員 15名(先着順)

 

申込期限 10月1日(月)

 

   

講師:田上 豊 氏からのメッセージ

  

 みなさんはテレビなどでお芝居を観る機会が多いですよね。

 実は「演じる」というのはもっともっと身近にあります。

 「決められたセリフを言う」とかではなく、身近な人に自分の気持ちを伝える、相手の気持ちを汲み取り、その気持ちに対する自分の思いを伝えることも「演じる」ことなのです。

 この人間の持っている潜在的な「演じる」能力を高めて昇華させたものが演劇作品です。自分の思いを伝えるのが苦手な人にも、「伝える」能力は眠っています。表現力やコミュニケーション力を引き出し、上手に使うコツが演劇には含まれています。

 人に気持ちを伝えるって嬉しい、楽しい、そんな喜びをこのワークショップを通じて体験してみてください。

 

 

準備するもの 動きやすい服装(ジャージ等)、タオル、水分補給用の飲料水

 

 

応募方法

 電話かメールで、下記内容をお知らせください。

 ①:名前、②:住所、③:性別、④:年齢(または学校名・学年)、⑤:電話番号、⑥:演劇経験や所属劇団など(ある場合のみ)をお知らせください。

 

 

講師 プロフィール

tanoue.jpg田上 豊(たのうえ ゆたか) 氏

 田上パル主宰。劇作家、演出家。1983年熊本県生まれ。

桜美林大学文学部総合文化学科卒業。在学中に劇団「田上パル」を結成。方言を多用し、疾風怒濤の勢いと、遊び心満載の舞台は「体育会系演劇」とも評される。高校生や大学生とのコラボレーション、市民劇団への書き下ろしなど、プロアマ問わず、創作を展開。

 また、高校の表現科目「演劇」の授業を持つなど、教育現場での経験も持つ。

 一般財団法人地域創造登録アーティスト。

 劇団「青年団」演出部 所属。

 

  

《申し込み・連絡先》

 伊佐市教育委員会 社会教育課 文化芸術係

 電話:0995-26-1554(直通)  メール:bunka@city.isa.lg.jp

 

主催 伊佐市教育委員会

 

 

【最新情報は以下のSNSで発信中!】

 伊佐市文化会館 公式Facebook (外部リンク)

 伊佐市文化会館 公式ツイッター(外部リンク)

 


2018年09月18日