本文

選挙

参議院議員通常選挙における投票用紙の交付誤りについて

参議院議員通常選挙における投票用紙の交付誤りについて

 

 平成25年7月21日(日)、参議院議員通常選挙が行われていた伊佐市第32投票所(田中ふるさと館)において、投票開始前に選挙区の投票用紙交付台に比例代表の投票用紙を、比例代表の投票用紙の交付台に選挙区の投票用紙を誤って準備し、それを確認することなく、午前7時の投票開始から約5分間、18人の選挙人の方々に対し、選挙区の投票用紙を交付するところを比例代表の投票用紙を、比例代表の投票用紙を交付するところを選挙区の投票用紙を誤って交付してしまいました。投票された18人の選挙人の方々の意思を無効にすることとなり、ここに心から謝罪を申し上げます。また、投票用紙の確認を含め事務手順の確認不足が重大な過ちを招いてしまいましたことに対し、市民の皆様に深くお詫び申し上げます。

 今後再発防止に向けて、選挙事務の公正かつ確実な事務を図るようチェック機能の強化・見直しや選挙事務従事職員の研修を徹底してまいります。

 

伊佐市選挙管理委員会 


2013年07月25日