本文

暮らし

生活困窮者の自立に向けたお手伝い ~ひとりで抱える「どうしよう...」を支援します~

 どんな人にでも困りごとはあるものです。昔とは生活スタイルが大きく変わり単身世帯やひとり親世帯などが増え、良き近所づきあいも薄れつつあることから、誰にも相談できない方がいらっしゃいます。
 また、経済的な問題だけでなく心身の問題や家庭の問題など、様々な問題を同時に抱える場合も少なくありません。生活のことや仕事のことなど、ひとりで悩まず、まずは相談してみませんか?

○生活困窮者自立相談支援について
 こんなことでお困りではありませんか? また、あなたの周りに問題を抱えている人はいませんか?

 たとえば・・・
 ▲生活に困っているが、相談先がわからない...(周囲に頼る人がいない)。
 ▲家庭のことで相談したい...。
 ▲働く意欲はあるけれど、自信がない...。
 ▲就職活動は何から始めれば良いかわからない...。
 ▲失業や自営業の廃業により住居を失った、または失いそうだ...。
 ▲一時的に生活に必要な資金を借りたい...。
 ▲借金の返済が大変だ...。
 ▲重い病気になってしまった...。
 ▲入院費用の支払いなど、将来が心配だ...。
など、いろいろな事情でお困りの方は、伊佐市役所福祉課(*生活自立相談支援窓口)へまずはお気軽にお電話(☎23-1311 内線1269)ください。

○相談支援の流れ
 1 相談支援員がお話を聴き、生活上の問題・悩みを確認・整理して、どのような支援が必要かを相談
  者と一緒に考えます。
                     ↓
 2 ご希望により、具体的な支援プランを作成し、就労支援や各種制度活用のアドバイス、また、相談
  内容によってはさらに専門的な支援機関へおつなぎし、問題・悩みの解消(軽減)を図ります。
                     ↓
 3 問題・悩みが解消(軽減)するまで、支援プランに基づいた継続的で寄り添った支援を行います。

○相談方法について
 まずは、お電話ください。伊佐市役所福祉課で相談をお受けします。また、どうしても相談窓口へ行けない事情がある場合には、相談支援員がご自宅を訪問し、直接お話を伺います。【※完全予約制
 なお、相談は無料で、個人情報は固く守られます。【※秘密厳守


《ご相談・お問い合わせ先》
 〒895-2511
 伊佐市大口里1888番地
 伊佐市役所大口庁舎 福祉課保護係(生活自立相談支援窓口)
 ☎ 0995-23-1311(内線:1269)


2017年09月25日