本文

お知らせ

伊佐の稲わらを、宮城へとどけよう!

放射性セシウム汚染問題で被害にあわれた皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。

 

JA北さつま肉用牛振興協議会伊佐支部では、セシウム汚染後、稲わら確保に苦慮されている畜産農家の救済のために、伊佐市内で昨年収穫した稲わらを送りました。

 

【救援物資】

ビニール梱包された稲わら 62個(約6トン)

 

【送付先】

JAみやぎ仙南(宮城県柴田町)

 

【輸送方法】

特殊トレーラーによる陸送

 

【輸送経路】

8月23日  旧伊佐家畜市場(伊佐市菱刈花北)出発

  25日  朝、送付先に到着予定

 

 

 inawara1.JPG    inawara3.JPG    inawara2.JPG   

                                              

 

 

 

【問い合わせ先】市農政課畜産係 電話0995-23-1311 内線2241


2011年08月25日