お知らせ

定住促進 ISA LIFE

本文

お知らせ

[2013年02月06日]

日本一おいしい米と野菜は伊佐産?

気象庁のホームページを見てみたら

伊佐の2月3日の最低気温は-0.1度。

最高気温は18.8度。

つまり、1日の温度差18.9度。(観測地は「鹿児島 大口」です)

もしかしたら日本一の温度差では?と思うのですが、気象庁では温度差についてのデータを作っていないそうです。残念・・・

 

ところで、寒暖差が激しいところで育った作物というのは、とても甘く、おいしくなるもの。

なぜかというと、

植物は、昼間にたくさん日光を浴びて、炭水化物(ショ糖やデンプンなど)を合成しています。

夜には昼間に合成した糖類を消費することになりますが、

夜に気温が下がると糖類の消費活動が抑えられて、旨み(甘味)がたっぷり残った状態になるのです。

ということは、

日本一寒暖差のある土地で作った作物は、日本一おいしい、ということになりませんか???

 

先日の就農説明会でも、伊佐市ブースに立ち寄ってくださった方、多かったようです。

農業を志す方にとって、伊佐は魅力的な土地だと思います。

 

みなさんも、伊佐米をはじめとする伊佐産の作物を食べてみてください。

とってもおいしいですよ!



  • 定住体験実施中!
  • 定住者の声
  • ふるさと会NEWS
  • 観光スポット案内
  • 求人情報
  • 健康・医療・福祉
  • 伊佐市ホームページ