定住者の声

定住促進 ISA LIFE

本文

ホーム > 定住者の声

定住者の声

[2018年10月02日]

移住・定住者への取材、こぼれ話

市報10月号に移住、定住者4名のインタビュー記事が掲載されています。
取材に同行した私(地域おこし協力隊 高市/移住3ヶ月目)が取材ウラ話をこっそりお伝えしたいと思います。

*********
Uターン S・Kさん
笑顔がステキなS・Kさん。
これだ!と決めたら突き進む(けれど計画的に)意思の強さと、
家族を想う優しさがお話の中に垣間見えました。
体験住宅を利用しながら家のリフォーム、移住の準備をされたそうです。
リフォーム作業は想像以上に大変だったと仰ってましたが、古き良きものを丁寧に残しながら家を再構築され、S・Kさんのご家族の息吹を感じる、いつまでものんびりお茶を飲んでいたい(ちゃいっぺと言うんですよね)お家でした。

楽しいちゃいっぺ時間を過ごさせていただきました。


*********
Iターン ジューン・ヤンライスさん
楽しみながら仕事と趣味活動を見つけて生活しているジューン。
日本人の私でさえ鹿児島の言葉に悪戦苦闘しているのに、ジューンはもっと大変なのでは、と勝手に想像しながらお話を聞いていましたが、雰囲気やニュアンスで理解できるそうです。しかも、関西圏に留学経験もあるらしく、なかなかに言葉の癖が強い地域暮らしがジューンの日本語習得率を加速させているのかもしれません。と、また勝手に想像していました。
取材当日はバケツをひっくり返したような雨がやって来て「どしゃ降り」という言葉の意味の話題で盛り上がりました。

すぐに雨が止み、「通り雨」だったね。と笑いながらジューンとサヨナラしました。


*********
子育て世帯 松本さんファミリー
松本さんのお宅にお伺いする前に外で遊んでいる男の子2人に出会いました。
「こんにちは。どこにいくのー?」と聞かれ、場所を言うと、
「そこ僕んちー。一緒に行こう」と、案内されたのが取材の始まりです。
「ぼくのたからものをみせてあげる」家にお邪魔して間もなくそう言われて、宝物と遊んでいた私。
実は、インタビューの内容を殆ど聞いていません(笑)しかし、一緒に遊ぶだけでご家族が素敵な暮らしをしているのが分かりました。

次に子供たちに会った時は、宝物が変わっているかもしれません。


*********
Uターン起業 遠矢さん
食べることが私に出来る身体への思いやり。遠矢さんのお話を聞きながら浮かんだフレーズです。
小学校の通学路沿いにある「農村カフェ」ひっそりとしっかりと存在するお店のカウンターに遠矢さんはいらっしゃいます。
昨日のお昼何食べた?と思い出せない日が多いですが、農村カフェで食べたランチは明日の記憶に残ります。
午前中にこの記事を書いていますが、お腹が空いてきました。

お喋りしながら、ひとりでゆっくりしながら、自分に合ったスタイルで遠矢さんのご飯を食べて頂きたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
市報はこちらからご覧ください。
広報いさ 「今月の特集」
移住・定住最初の一歩.pdf


[2018年07月06日]

地域おこし協力隊 「髙市さん、林さん」着任!

7月から髙市さん、林さんが着任されました。

髙市さんは、愛媛県松山市から、林さんは東京都荒川区からの着任となり、

それぞれの分野で力を生かしていただきます。

髙市さん、林さん、そして4月から着任している中村さん、これからよろしくお願いします^@^

4d39ed6309c54503ef6c8346bf0fa2fa0b55d6b3.JPG

             髙市さん(移住支援等)    林さん(観光振興等)


[2018年06月08日]

中村隊員のブログ 「いさ日記」

中村隊員のブログが完成しました!

活動の一端をこちらからどうぞ!!

KIMG1460.jpg


[2018年04月26日]

地域おこし協力隊第1号「中村 由佳さん」 !!

伊佐市にも待望の地域おこし協力隊が着任しました!

中村さんは、関東に18年間住み、このたび息子さん(2歳・6歳)とともに3人で移住されました。

旦那さんは現在も東京でラーメン店を営んでいるとのことです。(ゆくゆくは伊佐に移住も・・・!?)

担当分野は「地域ぐるみの子育て支援の研究」ということで、実際に伊佐に住む中で様々な体験を通じ、伊佐ならではの子育てについて考え、実践していただくことになります。

中村さん:「伊佐での子育てって楽しそう」と1人でも多くの人に思ってもらえるようにがんばります!!

a1153c82a2a85e56ae725ff8693fef6acc3fc1e7.JPGdfb45ee6cc5be972dd975c7cf94bc634f7c5f281.JPG


[2017年12月27日]

【※募集終了】地域おこし協力隊募集!!~日本仕事百貨編~

※平成30年度着任分の募集は終了しました。

鹿児島県伊佐市では、平成30年度からの地域おこし協力隊を募集しております。

日本仕事百貨において、本市が求める人材や思いを具体化していただき、先輩移住者の現在の暮らしや伊佐の雰囲気も同時に触れることができる内容になっております。

少しづつ動き出しそうな、人口2万人台の小さな街に、わくわくを感じれるかもしれません。

【日本仕事百貨~大地と人~】

http://shigoto100.com/2017/12/isa.html


[2017年09月28日]

伊佐人に聞く~勝部ちこさん 鹿島聖子さん 編~

コンタクト・インプロビゼーションというダンスの第一人者であり、C.I.coというグループを主宰される勝部さん、鹿島さんに聞きました!

●なぜ伊佐だったのでしょうか??                                                           「自然の豊かな環境に移住したい、と思っていたと時に、偶然伊佐のこと知りました。」

●移住してよかったことがありますか?                                                  「たくさんあります。広い空間があり、畑で野菜を作ったり、今まで知らなかった事が沢山出来るようになりました。人がオープンで受け入れてくれるので、繋がりもどんどん広がり、助け合いの関係も多く、近所付き合いもある、というのが面白いです。」

●移住検討者へメッセージを                                                        「いろいろと不便なこともありますが、その事を楽しみながら、困った時は人に頼る事でいろいろに解決もします。景色が素晴らしく美しいので、ぜひ来てみてください。」

自然の豊かな環境を探し、東京からIターンされたお二人。国際ダンスイベントを伊佐にて開催するなど活躍されるお二人を今後も追いかけていきます。

436bf65e12861eaa57978dd1fdcb67abd8fee09a.jpg


[2012年06月20日]

勝部ちこさん、伊佐市長にインタビュー!

伊佐市に東京から転入予定の舞踊家、勝部ちこさん。

NYに留学されていたこともあり、慶応大学や筑波大学、お茶の水女子大学などでも講師をされた経験があります。

鹿島聖子さん(舞踊家・こちらも伊佐市に転入予定!)とともに、コミュニケーションダンスともいえる、コンタクト・インプロビゼーション(CI)というダンスの第一人者であり、世界中のさまざまなダンスフェスティバルに出演されています。

 

そんな勝部ちこさんが、伊佐市長にインタビュー。

伊佐の魅力とは?他の土地から来たらなじみにくいのでは?

気になる疑問をぶつけていきます。

美しい伊佐の風景も、ともにお楽しみください。

http://www.youtube.com/watch?v=DAoYeeBrvaQ&feature=player_embedded


[2010年04月01日]

星空とおいしい水に恵まれた地で消費者の方々が満足される商品を生産していきたい

koshimozono01.jpgUターン当初、ハローワークで仕事を探していた下小薗さんだったが、奥さんが鹿児島弁を分からず勤めに出ても、会話が出来そうにないため、二人で仕事の出来る農業をすることを決意された。農業は未経験だった下小薗さん夫婦は農業改良普及センターに相談へ行き就農の説明を受けた。「初めは、JAの指導員から説明を受けたが、最初は農業用語も分からず、手取り足取り金山ねぎづくりを教えてもらいました。一年目は、何をして良いか分からない状況で、失敗の連続だったんですが市役所、普及センター、JA指導員の適切な指導と生産者仲間の協力等も有り2年目以降に商品化できるまでになりました。」とご主人。しかし今では、JAの指導員から「もう何も教えることはないですよ。」と言われるようになり、品質も高く評価され、農協をはじめ地元のスーパーや、鹿児島市内の市場まで金山ねぎを出荷されている。「いいものを作っていれば、どのお店も取り扱ってくれます。」と話される。

[2010年04月01日]

奉仕の精神で人の喜びを己の生き甲斐に!

nitanda01.jpg
子どもの頃は、夏は川で魚採り冬は野山を駆け回って遊んだ思い出の故郷「伊佐」が懐かしく思い、定年後は、故郷の伊佐市大口にUターンを決意したのは平成元年の事だった。平成元年に「夢を実現に向けた計画案」の実施に向けて、お盆・お正月・連休には故郷に帰るケースも多くなった。

[2010年04月01日]

田舎暮らしは毎日が新しい発見!

kitagishi01.jpg林さんは「10代から憧れの田舎暮らしがついに実現しました。ポイントは伊佐の人間の良さ。」そう語られる北岸さんは、カワセミのいる河原でポニーとの散歩を楽しみ地元食材の安さとうまさに満足されている。天然酵母のパンを手作りの土窯で焼き、「まさに、大人のワンダーランドですね。」と語られる。