The Isa City homepage is translated by using the free translation service of an external site.
It is because of being mechanically translated when it is not a correct translation. Please acknowledge being not able to assume all the responsibilities in the Isa City even if the mistake etc. done by the accuracy of the translation are found beforehand.

ピアニスト 田村 緑の「おんがくの種まきコンサート」を開催しました(報告)

2011年03月10日

 

 平成23年2月26日(土)、伊佐市文化会館大ホールで、242人のお客様(内、高校生以下は142人)をお迎えして、「いさのおんがくたいプレゼンツ『おんがくの種まきコンサート』を開催しました。今回の演奏者は、ピアニストの田村緑さんです。 

 

  このコンサートは、いさのおんがくたい実行委員会が企画し、全国のホールで活動されているピアニスト田村緑さんをお招きし開催したものです。今回は、1月から2月にかけて実施した、一連の種まきコンサート(「アウトリーチコンサート」、「ホールワークショップ」「ホールコンサート」)の最終日に、特に次世代を担う子どもたちに、「ピアノ」を通して「おんがくの種」をまこうという趣旨で開催されました。 

 

 当日は、アウトリーチコンサートに参加した各小学校の子どもたちや先生方、1月のホールワークショップ受講生の皆さんも多く来館されていました。

 

IMG_459888.jpg コンサートは、夜空の雰囲気の照明の下で、きらきら星(木下牧子編曲)から始まりました。続いて、『きらきら星 』の原曲というべき、モーツアルト作曲『ねえ、ママ聞いて』による12の変奏曲が演奏され、12の曲の違いを感じていただきました。
 

 チャイコフスキー作曲「くるみ割り人形」から、『花のワルツ』が演奏され、子どもたちはそのピアノを弾く手さばきのすばらしさや、曲の抑揚など、ピアニスト田村緑さんの躍動感あふれる演奏に引き込まれるように聴いていたようです。 

 

 

 

 

IMG_4606.JPGのサムネール画像 ドビュッシー作曲『夢』の演奏では、これまでの学校アウトリーチコンサート・ホールワークショップの様子を、スライドで上映しました。学校でのハンドベルの演奏の様子や、ピアノの仕組みなどの様子が映し出され、子どもたちが、楽しく参加している様子がうかがえました。

 

 また、音楽にあわせて舞台上をみんなで大行進しようという企画では、田村さんが演奏するエルガー作曲の「威風堂々」にあわせて、子どもも、保護者も、舞台上に引かれたレッドカーペットの上を行進しました。ピアノの下にもぐり込んで、「響板」に触れる体験は、舞台上にあがり、ピアノの響きを満喫していたようです。

 

 

 

IMG_4621.JPGのサムネール画像

 

IMG_4619.JPG

 

 休憩を挟んで、第2部は、ショパン作曲『子犬のワルツ』で始まりました。その後、リスト作曲『ラ・カンパネラ』の演奏では、鐘の音をイメージした曲の紹介、器用さ、大きい跳躍における正確さ、弱い指の機敏さや、薬指と小指のトリルなどの難しい技巧を必要とするということなど、田村緑さんが実演を交じえながら解説した後、軽快な速度で演奏され演奏されました。

 

IMG_4649.JPG 第2部の最後では、音楽と朗読、そして、大画面によるスライドで再現するという「音楽と絵本」の企画で、小学校国語の教科書に収録されている題材である「スーホの白い馬」を取り上げました。この物語は、子どもから大人まで幅広い世代に親しまれているお話です。朗読は、4月のミニコンサートで、朗読と歌のお姉さんを務める予定の三角奈々枝さんが行いました。子どもたちは、音楽と朗読に合わせて、舞台上の大画面にいっぱいに上映されたスライドに、魅入っていたようでした。  

 

 鳴りやまない拍手のなか、アンコールの演奏がありました。ここでは、お客様にも舞台に上がっていただき、ピアノとハンドベルの『共演』で最後を締めくくりました。曲は、アウトリーチに訪問した学校で、子どもたちと演奏したパッヘルベル作曲『カノン 』でした。 

 

IMG_4674.JPG

 

 ハンドベルとピアノの調和した澄んだ音色が、ホール内にこだましていました。

 

 今回の企画では、今やあらゆるところで見かけることのできる楽器のひとつ「ピアノ」を取り上げました。1月から市内5箇所の小学校の音楽室への出前授業(アウトリーチ)、ホールでの体験事業(ホールワークショップ)、そして、ホールコンサートと、それぞれ違うメニューを実施してまいりました。それぞれ、音楽室、ホール舞台、劇場空間という、いわば、「非日常」的な空間です。ご来場のお客様には、ピアニスト田村緑さんが奏でる曲を、ホールという「特別な」空間で、それぞれの感性をフルに生かして、楽しんでいただきました。これまでの事業と同様に、親しみやすく楽しいコンサートとなりました。

 

 

お客様の声 (アンケートで寄せられたものを掲載させていただきました)

 「和」のある雰囲気のなかでとても良いコンサートでした。子どものいる客席でクラシックを聞くのははじめてでした。田村さんのすばらしいリードで、みんな楽しめていて、まさに「種まき」という表現にピッタリでした。きっとクラシックを好きになっていくと思います。私の好きな曲ばかりで、私個人は大満足でした。「ラ・カンパネラ」、「子犬のワルツ」、「カノン」とても大好きなんです。ありがとうございました。生でこんなに好きな曲ばかり聴くことができて幸せでした。(40代、女性)

 

 

 

 

 【特別企画】 ベスト・シートでコンサートを楽しもう!

 

IMG_4591.JPGIMG_4588.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4686.JPG 

 

 

P1000817.JPG

 本コンサートに出演された田村緑さんを講師にむかえ、平成23年1月28日(金)に伊佐市文化会館で「音の響き体験ホールワークショップ」を開催し、受講生の皆さんに「ベスト・シート探し」を行っていただきました。(1月のワークショップの様子はこちら。) 

 

 本コンサートでは特別企画として、1月のワークショップで選ばれた「ベスト・シート」に、チケットをお持ちの方であれば、どなたでもお座りいただくことができるようにしました。同じ曲でもシートの位置によって、聴こえ方は違います。今回はお客様が、それぞれの感性の赴くままに選んだベストシートを、ご案内いたしました。


 コンサート当日は、受講生が選んだベスト・シートであることを示す表示を席に付けたほか、ホワイエに「ベスト・シート一覧表」を掲示し、当日のパンフレットにも一覧表を折り込みました。お客様は、ワークショップ受講生の皆さんの「ベスト・シートに選んだ理由」を参考に、コンサートで座る席を選んでいらっしゃったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 田村緑さんからひとこと

 

 先日のコンサートにおいでいただき、ありがとうございました。伊佐市を訪れるのは1月末に続いて2度目、今回は寒さもだいぶ和らいで、春の兆しを感じながらの滞在となりました。時間を見つけて曽木の滝も見ることができ、良い思い出となっています。

 

 コンサートでは、初めて出会った方々に加えて、アウトリーチで訪問した小学校の子どもたちや先生方、また、ホールでのワークショップで出会った方々にも足を運んで頂き、舞台から客席を見る際に目が合うと、手をふってくれる子どもの姿もあり、アットホームな雰囲気の中でのコンサートとなったことがとても嬉しかったです。

 

 なんとなくウキウキするような時間になったらいいなあと思い、プログラムを構成していきましたが、如何でしたでしょうか。

 

 「音楽は楽しい!」ですね。これからも、色んな音楽に包まれて過ごしていけたら良いですね!また、お会いする日まで。

  

                                                   田村緑 

   

   

 【事業要項】

 

tanemakicolor.jpgいさのおんがくたいプレゼンツ 

 

ピアニスト 田村 緑の

 

「おんがくの種まきコンサート」

 

 

 

 今回は「親しみやすいコンサート」をめざして、ホール以外でも演奏活動を行っているピアニスト田村緑さんをお招きしました。


 子どもたちが楽しむだけでなく、大人も一緒に楽しめる構成になっています。

 

 ピアニスト田村緑さんの魅力を余すことなくお伝えするとともに、素敵なピアノの音色で皆さまを心から癒します。ぜひご来場ください。

 

  

 

日時 平成23年2月26日(土) 

 

         14時開演 (途中休憩有) 13:30開場

 

会場 伊佐市文化会館 大ホール

         (鹿児島県伊佐市大口鳥巣305)

 

 

 

入場料 〔全席自由〕   ※ 当日券はそれぞれ200円増

 

 一般            1,000円 

 高校生以下     500円

 親子券(100組) 1,300円(一般1人と高校生以下2人まで)

 

 

※ 未就学児童無料(ご一緒にホールにお連れください)

 

 

プログラム    誰もが一度は耳にしたことのある珠玉の名曲の数々をお楽しみ下さい。

 

♪モーツアルト:キラキラ星変奏曲

♪ショパン:子犬のワルツ

♪エルガー:威風堂々

♪リスト:ラ・カンパネラ

♪音楽と絵本 「スーホの白い馬」 ほか

 

※現在の予定であり、予告なく変更になることもあります。

 

 

チケット取扱

 

 伊佐市文化会館・大口ふれあいセンター・菱刈いきがいセンター・いさのおんがくたい実行委員

 

◎チケットのご予約を受付中です。コンサート当日、会場にご来場の際に当日精算(前売金額)となります。 ①チケットの種類と枚数、②予約者のお名前を伊佐市文化会館まで電話(0995-22-6320)かメールで、お知らせください。

 

 

《申込・お問い合わせ先》

 

伊佐市文化会館   電話:0995-22-6320   メールはこちら   

 

 

主催:いさのおんがくたい実行委員会

共催:伊佐市教育委員会 

 

 

 

出演者 紹介 

 

06tamura.jpg田村 緑 (たむら みどり)  ピアニスト

 

 桐朋女子高等学校音楽科を経て英国に留学。卒業後もイギリスを拠点にヨーロッパ各地で演奏活動を行う。その躍動感と情感あふれる演奏と独創的なプログラム作りによって、音楽を「楽しめる体験」とするための様々な手法を持つ稀有なピアニストとして注目されている。

 

 (財)地域創造「公共ホール音楽活性化支援事業」協力アーティスト。NHKーBS「ぴあのピア」出演。

 

 伊佐市では、平成23年1月から2月にかけて市内5小学校の音楽室でアウトリーチコンサートを行ったほか、1月28日(金)には伊佐市文化会館大ホールで「音の響き体験ホールワークショップ」を行いました

 

 

過去のお知らせ

こんな時には?
  • 広告
  • 広告
  • 広告
  • 広告
  • 有料広告募集中

ページの最初へページの
最初へ