No.100【大口東校区/6NCK/売:430万】「引き寄せの法則。それは・・・」:伊佐市空き家バンク

2021年07月02日

「引き寄せの法則。それは・・・」

ある暑い日のことです。
空き家バンク物件の登録のため、現地確認をした3年前。
まだ伊佐市の空き家バンクが始まって間もないころです。
薄暗い室内に、誰もいないと分かっていながらも奥へと進むのをためらう気持ちと、家の意匠に引き込まれる不思議な感覚が融合して「なんか、、、なんかいいよね」という根拠のない感情になったのを覚えています。

理由は定かではありませんが、その感情は間違っていませんでした。
3年後の今、あの時と同じく、立っているだけで汗が出るような日差しの強い夏日に、その物件に魅了された移住者が、そこに住むためにリノベーションをしていて、その現場に自分達が立ち会えている状況が、ある意味自然に感じられました。

「ガッ、ザッ!」と仲間とコンクリートを広げていき、みるみるうちに床下が良くなっていく。
3年前、想像もつかなかったシーンが目の前に広がっていて、その状況を共有できる空き家バンクのパートナーとしみじみ語る会話は、傍から聞いていて「ラジオを聴いているみたい」との感想も。

とにもかくにも、「こんな家じゃ・・・」とか「なにもないところだから・・・」といった心配は一度捨ててしまって、「この家だからこそ・・・」とか「失っていない大事なものが残っている・・・」といった発想の転換が、理屈では説明のできない”引き寄せ”を産むんだと思います。
オーナーさんはもちろんのこと、周りで関わる人を含め、その家を一緒に「育てていくこと」が大事であるとつくづく感じることでした。

浮かぶままに書き進めてしまいましたが、今回ご紹介する物件も、素敵な引き寄せを実現させそうな、立派な古民家です。
しかも6NCKという贅沢な造り。
見どころ満載につき、思わず写真多めになっていますので、古民家好きの方はもちろん、N好きの方やC好きの方もどうぞ最後までお付き合いください。

 

土間があるっていいですよね。
しかもこの物件はハイブリッド仕様。
土間の良さを残しつつ、半屋内になっており、打合せスペースや「茶いっぺ(※)」スペースなど、使い勝手が良さそう。
慌てず、急がないことが災いを遠ざけるので、お茶を飲んでいってくださいといった意味で、鹿児島の誇れる文化です!生き急がず、心に余白を持って、今しかできないことを楽しみましょう!

 

土間の奥に目をやると何やらお洒落な棚が。
よく見ると、素敵なニッチがあるではないですか!

 

その向かい側には時代を感じる黒板が。
勤務表にしたり、自治会の行事を書いたりと、アナログならではの味が楽しめます。

 

黒板の隣には、丁度いいサイズの納戸が。
シューズクロークとしてもいいし、工具を入れたり、薪ストーブ用の薪棚にも。

 

土間から室内を見ると、圧倒的な風格の3連和室が。
先に伝えておきます。
建具もいちいち恰好良いので、気が抜けませんよ。
各部屋の関係性は360度カメラの画像を参照ください。

 

3畳の“特別区”は各部屋の建具たちが寄り集まった素敵空間。

 

 

欄間や書院が一層和の空間を引き締めてくれます。

 

部屋数が多いのもポイントです。
レトロな箪笥も素敵です。

システムキッチンが既についているのも嬉しいですね。

 

作り付けの水屋がレトロでかわいいです。

 

キッチンからNへと通じる勝手口があります。
※Nとは伊佐市空き家バンクの世界で言う納屋のことです。

 

勝手口の手前には、洗濯機置き場とお風呂があります。
お風呂のお湯は、薪や太陽熱の仕組みを利用します。

 

キッチンの右奥には洗面台があります。

 

この古民家を横断する廊下は、北側と南側の各部屋を「繋ぐ」役割を持ちつつ、建具を使って物理的に「遮断」することもできる重要な存在。
奥に見えるトイレの配置が、この廊下の意味を物語っているようですね。

 

トイレは汲取式です。
改修するならば、古民家×最新水洗トイレも魅力的だし、古民家×バイオトイレもしっくりきますね。

 

広縁ってほんと気持ちいい。
家をぐるっと回れるって、昔の作りの良さですよね。
昔はたくさんのお客様を迎え入れることが多かったから、部屋を横断せずとも移動しやすいようになっていたんでしょうか。
日本人らしい、察しと思いやりを感じます。

 

こちらの縁は、部屋として成立してますね。

 

玄関も立派です。
玄関を出ると、庭木の緑が気持ちいい。

 

氏神様の脇から山に上がる神秘的なルートが。

 

春にはタケノコや山菜が楽しめます。

 

そして、何より眺めがいい。
近所に住む方は「特に夕陽は格別」とのこと。

 

そして、納屋ファンの皆さまお待たせしました。
今回も立派な納屋があるんです。

 

この納屋をリモデルして住居にしたら恰好良いだろうなぁ。
いつか挑戦したい夢ですね。

 

そして、今回はCもあります。
え?Cは初耳でしたか?
そうです。
伊佐市の空き家バンクの世界において、C=「くら」の略称であるということに今回決定しました。
蔵のポテンシャルってすごくて、全国的に蔵をリノベーションしてバーやカフェ、音楽ホールなどにする事例も増えているんです。

 

最後に、この物件には敷地内に隠居があり、現在賃貸で借家人が住んでいらっしゃいます。
すなわち、家賃収入が見込める物件ということなんです。
現在入居中につき、写真などを使用した詳細の紹介は差し控えますので、物件内覧の際にご確認いただければと思います。

 

間取りはこちら。

 

建物情報

所在地 伊佐市
構造 木造
築年数

築94年

間取 6NCK
価格

430万円

登録台帳

備考

媒介業者

ウェルカム不動産

  • TEL0995-29-5720

ページトップへ

鹿児島県伊佐市役所 企画政策課 政策調整係
TEL:0995-23-1311 FAX:0995-22-5344
Mail:seisaku@city.isa.lg.jp

  • かごしまで暮らす
  • 伊佐市ホームページ