No.105【大口校区/1階:2K 2階:3/売:150万】「昭和レトロハウス」:伊佐市空き家バンク

2021年09月16日

「昭和レトロハウス」

 

なにかと流行だったり効率化ばかりが大事にされがちな現代において、ふと、日常の中で「レトロ」や「復刻版商品」などを目にすると、ついつい手に取ってしまいます。

なにかとイソイソとして人との繋がりが薄れていく中、「古き良きぬくもり」や「手仕事のやさしさ」などを求めているのかもしれません。

 

今回の物件は、商店街の中にあり、かつては洋裁屋さんだった店舗兼住宅のご紹介です。

かつては賑わいや憩いの場となっていたのでしょう。

室内の随所にレトロさを感じ、懐かしくもあり可愛らしい佇まいが好印象です。

 

まずは玄関から。

建物の形状がゆえの省スペースなのでしょうが、日常生活は成立しそうだし、ある意味、こじんまりとしていてアリかも。

 

お気づきでしょうか。

建具に組み込まれたレトロガラスに。

この物件に限らず、新築やリノベーションの際に、こういったレトロさをワンポイントで取り入れてもお洒落になりそうですね。

 

1階の和室は、欄間の作りが印象的です。

 

台所は、和室と直結していて生活の導線もばっちり。

 

和室と台所の関係性は360度カメラの写真を参考にご覧ください。

 

タイル張りのお風呂です。

 

1階のトイレ(簡易水洗式)です。

 

2階へと続く階段です。

 

2階には、二間続きの和室があります。

 

2階の欄間も素敵です。

合わせて、ミニサイズの縁があるというのもポイントです。

 

2階の腰窓からは優しい光が。

この辺りには無くてはならない地元密着のスーパーも見えますね。
(筆者、伊佐に30年住んでいますが、総菜やお肉などもさることながら、ここのホテル食パンとレタス巻が最高におススメなんです。)

 

2階には洋間もあります。

 

トイレは2階にも。

 

360度カメラの写真も参考にご覧ください。

 

この物件、駐車場のスペースが無いというデメリットはありつつも、すぐ近くは商店街となっており、ほとんどの日常生活が“歩いて”完結できるというメリットもあります。

商店街の良さって、「この商品を買う」という感覚よりも「この人から買う」という気持ちのいい取引ができるところだと思います。

まだまだ素敵なお店が、店主が残っている商店街の近くには、古き良き粋な暮らしが眠っているかもしれません。

 

 

間取り図はこちら。

建物情報

所在地 伊佐市大口元町
構造 木造
築年数

52年

間取 1階:2K 2階:3
価格 150万

登録台帳

備考

媒介業者

株式会社タケシタ 

  • TEL0995-28-8778

ページトップへ

鹿児島県伊佐市役所 企画政策課 政策調整係
TEL:0995-23-1311 FAX:0995-22-5344
Mail:seisaku@city.isa.lg.jp

  • かごしまで暮らす
  • 伊佐市ホームページ