No.160【大口校区/①2LDK❶6K/①築25年❶135年/売:1300万】「ダブルフェイス。それぞれ主役の顔を持ち。」:伊佐市空き家バンク

2023年01月25日

「ダブルフェイス。それぞれ主役の顔を持ち。」

先日、こんなやり取りがありました。
「空き家バンクに掲載してもらったおかげで、契約がまとまりそうだよ。ありがとう。」
伊佐市の空き家バンクは、1件1件を丁寧に紹介したいという思いから写真や紹介文を多めに使用しており、その分、掲載までに時間を要しております。
そのオーナーさんからは、「時間を要したその成果が、結果として現れているので私はいいと思います」と言ってくださり、また前を向いて頑張ろうと思えるゲキをいただきました。
お待たせしているオーナーの皆様、順番に掲載してまいりますので今しばらくお時間をくださいませ。

 

今回の物件は、タイトルにもあるように2つの顔を持つ物件です。

①築浅コンパクト「パノラマデッキ」住宅

間取図①

 

❶135年の時を経て成熟した「漆黒梁スゴ」古民家

間取図❶

 

・・・

さらっと紹介してしまいましたけど、衝撃ですよね。。。
そうです。
今回紹介するのは、2つの家がセットになったスペシャルな物件です。
しかも、ある意味両極端の近代⇆古代を行ったり来たりすることができるダブルフェイス。

「え〜。2つも家があって管理が大変だ〜。」
そんな意見も往々としてあるでしょうが、、、
私の捉え方はこうです。
「え〜‼︎真逆のオモシロ家が2つもあって、楽しみ尽くせるか心配だ〜。」

考え方次第で妄想の膨らませ方も変わってくると思います。
・家の性能、個性を活かし、部屋に与える役割を季節ごとに変えてみる
・民泊、ゲストハウス、コワーキングスペース
・趣味の家‼︎

 

無限の可能性を持ったこの物件、紹介が2件分と少々長くなりますので、コーヒーを片手にお付き合いください。

 

道路から見ると左側が①右側が❶となります。

右上にある英字をクリックするごとに「FisheyePlanetBallNormal」と画角が変わります。「Normal」がおススメです。画面をクリックしながら上下左右に動かすことで全方位の画像を見ることができます。

 

 

①築浅コンパクト「パノラマデッキ」住宅の魅力からお伝えしていきますね〜。
※現在居住中につき、写真のアングルが限定的になっておりますのでご了承ください。

 

建物の外観は白と黒を基調にされており、シンプルでいてモダンにまとまっています。

 

黒×金の重厚な玄関ドアが印象的です。
広めの玄関内部は、多用途に活躍しそう。

 

間取図①を見ていただくと分かるように、コンパクトな省スペース住宅です。
というのも、退職後にご夫婦が田舎暮らしをするために建てられた家なので、ご夫婦のこだわりと想いが詰まった素敵で可愛いらしい住宅です。
ご夫婦お気に入りのスポットは、一番長い時間を過ごしているリビング。

 

一見同じように見えるアングルは、ご夫婦それぞれの目線から撮らせていただいたものです。
慣れ親しんだ特別な背景は、生活の一部として欠かせない“日常”というやすらぎ。

 

キッチンは対面式となっております。
システムキッチンやカップボードなどの必要な機能は完備。

 

そしてこのキッチンの秀逸ポイントが2つ。
1つ目は、北側にありながら明るいというところ。
というのも、天窓があるので、かなりの明るさが確保されています。

右上にある英字をクリックするごとに「FisheyePlanetBallNormal」と画角が変わります。「Normal」がおススメです。画面をクリックしながら上下左右に動かすことで全方位の画像を見ることができます。

 

2つ目は、屋外との動線の良さ。
カーポートからキッチンにダイレクトに入れます。
よくありますよね、たくさん買い物した時に限って急に雨が降り出したりすること。
これなら、天候を気にせずスムーズにアクセスできます。

 

奥にある洋室は大きな1室となっており、間仕切りを前提とした作りとなっています。
ライフスタイルに応じて、部屋数を増やすことができるのは嬉しいですね。 

 

先ほどの洋室を仮に仕切った時に、北側となる部屋です。

 

こちらが南側。

 

和室も用意されています。
柔らかい日差しが心を落ち着かせてくれます。

 

清潔感を感じる配色のトイレは水洗式です。

 

脱衣洗面所兼洗濯機置場。
漢語のようですね・・・マイルドな表現があれば教えてください。

 

1日の疲れを癒すお風呂は、爽やかでいて透明感があります。

 

ウッドデッキの存在は大きいです。
屋根や手すりがあるので洗濯物や布団を干したりできるというメリットがありつつ、ワイドパノラマな景色が最高のオプション。

 

デッキから見る風景は、季節で変わる自然の恵み。
朝晩の寒暖差、照り返すような夏の暑さ、冬のきびしーーーい寒さなどの気候をベースに、良質な土・水・空気に加え伊佐人の情熱がスパイスとなり、伊佐米をはじめとする作物がのびのびと美味しく育ち、そしてその様子をこの特等席から眺めることができます。(息継ぎできないくらい詰め込みすぎました・・・)

右上にある英字をクリックするごとに「FisheyePlanetBallNormal」と画角が変わります。「Normal」がおススメです。画面をクリックしながら上下左右に動かすことで全方位の画像を見ることができます。

 

周辺には小菜園や花壇に良さそうなスペースがたっぷり。

 

素敵な物件でしたね〜、ここでいったん小休憩を挟みましょう。

伊佐市の空き家バンクサイトは、ありがたいことに鹿児島にお住まいの方をはじめ、東京、福岡、大阪・・・と全国各地の皆様からご覧いただいております。

なんか変わったサイトだなぁと読み物として楽しんでいただくお声も聞く中、伊佐市のことをよくご存知ない方は、伊佐?→wiki→鹿児島かぁ→南国だよね→そこそこあったかいんだろう。という連想になるかもしれません。

しかし!伊佐は鹿児島にありながら別格の気候なんです。
冬季は氷点下を記録することはしばしば。雪だって降ります。
東北から来た移住者が「伊佐の方が寒い〜〜」と言っているのを聞きましたが、それはそうかも。
雪国の家造りは寒さ対策を基本に置いているので、伊佐の方が体感的に寒いというのは屋内において一理ありそうです。

だからこそ、囲炉裏や薪ストーブ、薪風呂や焚き火など火のありがたみを感じながら日々の生活を楽しめるのですが・・・(個人的にここは伊佐を楽しむポイント!)

(山々がうっすら雪化粧をしているのがお分かりでしょうか・・・)

 

さて、それでは❶135年の時を経て成熟した「漆黒梁スゴ」古民家をご紹介していきます。

玄関がなんとも可愛くて、いきなり引き込まれてしまいます。
手を入れられた年代の味がいい意味でマッチしていて、古民家の無骨なイメージとは対照的に柔らかい印象。

 

玄関を開けると良い感じに熟された土間があります。
右手には居間が、正面の扉はお風呂へと繋がるゲートです。
もはや居間と一繋がりであると言っても良い土間、めちゃくちゃ羨ましい。

 

ほら、この感じ、記憶にあるおばあちゃん家のイメージと重なりませんか。
いつも優しく迎え入れてもらい、みかんやぽたぽた焼をもらったなぁ。

 

漆黒大将軍、これめちゃくちゃカッコいい。
機能性やデザイン性といった概念が及ばないただただ美しい空間です。

 

いい感じに燻されてますね。
これは塗料では表現できない。

 

お馴染みのアングルで広縁をご紹介。
控えめではありますが、よく見ると障子の色合いや、アルミサッシのレトロさが一周回って良い。

 

奥にも小振りな和室、洋室が。
隙間からの通気性が、空き家となっても古民家の状態を維持してくれる換気機能。

 

先ほどの納戸付近を外から見るとこのようになっております。
木製建具は今や貴重な資産。

 

応接室まであって言うことありません。
土間と居間に接続するような位置にあります。

 

キッチンはコンパクトにまとまっており、奥に見える造作水屋が良い感じ。

 

トイレは汲取の簡易水洗式。

 

本投稿二回目ノ脱衣洗面所兼洗濯機置場。

 

奥まったところに洗濯機が設置されていて、ダブル小窓がなんとも愛らしい。
こんな形でデッドスペースを活用されているのは初めて見ました‼︎

 

脱衣所には、玉石の名残があって面白い。

 

お風呂はシステムバスとなっており、時代を経て住み継いでいることが分かります。

 

昔ながらの動線ですね。外作業からお風呂に直行できちゃいます。

 

秘密のゲートもあったりしたり。

 

軒先にキラリと光るアクセントも見逃しません。

 

「面白い三連倉庫」がスペシャルオプションとして付属。

 

大きい順に紹介しましょう。
以前は養蚕に使われていたようですが、もう、なんだって出来てしまいそうな広大な倉庫です。

 

続いては車庫として活躍しそうな中堅倉庫。
冬季に車のフロントガラスが凍る心配はありません。

 

最後に小振りでいて実力派なコンパクト倉庫。
外トイレが付いているのは嬉しい特典。

 

そしてそして、敷地の北側には、なんと果樹畑があるんです。
小上がりになっているので眺望も良く、改めて楽しみ方が無限な物件ですね。

 

オーナーさんとお話をしていると、家への愛着が溢れていて、本当に大事にされてきたんだなぁとしみじみ感じます。
家族の一員として可愛がられているニワトリが、その懐いている様子からも分かるように「ここは居心地の良い場所なんだよ」と教えてくれているようでした。

 

とにかく見所満載で、伝えきれない魅力もまだまだありますので、もし興味を持っていただけた方は実際に内覧いただければ幸いです。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

登録台帳

登録番号 160 分類 売却 価格 ①+❶=1300万円
所在地

伊佐市大口大田

契約種別 不動産会社媒介 建築時期

①平成9年

❶明治20年

物件の概要 面積 構造
建物 住宅① 86.95㎡ 木造
住宅❶ 129.14㎡
空き家になった時期

①現在居住中

❶–

増改築歴 ❶お風呂、洗面所等 増改築
家財有無 ①❶有
間取り 住宅① 2LDK
住宅❶ 6K
設備等状況 電気 ①❶引込済 ガス

①無

❶プロパン

風呂

①電気

❶ガス

水道 ①❶上水道 下水道

①浄化槽

❶無

トイレ

①水洗

❶汲取

車庫 ①❶有 ①❶有 物置 ①❶有
面積(宅地)

①496.22

❶796.18㎡

農地 ①❶有 駐車場 ①❶有
その他
主要な施設等までの距離

市役所まで3.3km、警察署まで2.7km、保育所まで2.2km、小学校まで3.4km、中学校まで3.5km、高校まで2.8km、病院まで1.5km、スーパーまで3.1km

特記事項

内覧の前に・・・

伊佐市の空き家バンクでは、社会的に負の遺産と捉えられることが多くなってきている“空き家”に光を当てて、独自の視点により物件の魅力をご紹介することで、情報発信をするお手伝いをしております。
市の役割等についてこちらをご一読ください

空き家はあくまでも中古住宅であり、新築のように完璧な状態であることはほとんどありません。
内覧やご購入をされるに当たっては、物件の詳細情報等について、担当する不動産業者やオーナーさんによく確認いただき、納得された上でご検討いただきますようお願いいたします。

【確認項目の一例】
・雨漏りの有無について
・シロアリ被害がないかどうかについて
・地下水や山水が付いてくる物件である場合、希望する利用用途を満たす水質かどうかについて(厚生労働省の案内
・境界のことや敷地特有のことなど、近隣との関係性について
・自然豊かであるがゆえ、虫や動物が出ます・・・

などなど、拾い上げるときりがありませんが、「こんなはずでは無かった・・・」のギャップを少しでも減らせるように、事前に確認できることはしておくことが大事になります。

媒介業者

伊佐ホームズ

  • TEL090-9594-3138

 

ページトップへ