本文

HOME > 暮らし > 国民年金

国民年金

こんなときは国民年金の窓口にこんな届け出を

○届け出が遅れると年金が受けられなくなる場合もあります。14日以内に必ず届け出てください。

【お問い合わせ】
  • 市民課市民係(電話23-1326)
  • 加治木年金事務所(電話0995-62-3511)
こんなときは こんな届け出を 届け出に必要なもの
20歳になったとき 自営業や学生の方などは、必ず加入の届け出を(厚生年金保険・共済組合の加入者を除く) 印鑑
会社などに就職(職場の年金に加入)したとき 20歳以上60歳未満の人、学生だった人が就職したときは第2号被保険者の届け出をしてください。(扶養している配偶者がいる人は第3号被保険者の届け出を) 印鑑
本人・配偶者の年金手帳
健康保険証
会社などを退職したとき 60歳になる前に退職したときは第1号被保険者の届け出をしてください。(扶養している人がいる人はあわせて届け出を) 印鑑
年金手帳
退職証明書
住所・氏名が変わったとき 住所や氏名を変更する届け出をしてください。 印鑑
保険料の納付が困難なとき 保険料免除申請の届け出をしてください。 印鑑
年金手帳
60歳から65歳までの間に任意加入したいとき 高齢任意加入の届け出をしてください。 印鑑
年金手帳をなくしたとき 年金手帳を再交付する届け出をしてください。 印鑑納付書