The Isa City homepage is translated by using the free translation service of an external site.
It is because of being mechanically translated when it is not a correct translation. Please acknowledge being not able to assume all the responsibilities in the Isa City even if the mistake etc. done by the accuracy of the translation are found beforehand.

炊きたても、冷めても おいしい「伊佐米」

2019年06月20日

炊きたても、冷めても おいしい「伊佐米」

伊佐米

伊佐米県内一の生産面積と生産量を誇り、古くから「薩摩の米蔵」とされています。四方の山々から流れ込む豊潤な水と盆地特有の日中の寒暖差が「おいしい米」をつくりだします。冷めてもおいしいのが特徴です。

 

 

 

おいしいのにはわけがある   「水」と「気候」と「作り手の愛情」。

「水」がいい

伊佐は盆地にあり、四方を山で囲まれています。分水嶺から流れ込む雨水が浸透し、川や地下水として豊富な水脈を築いています。お米は収穫時に約20~25%の水分を含んでいることからも、水の成分・水温などがおいしいお米作りに大事だということが分かります。

 

 

「気候」がいい

秋口になると“朝晩と日中の気温差が大きい”のも伊佐の特徴です。お米作りでは穂が出てから収穫まで期間が高温・高水温となると、お米の生育や食味にいい影響を与えないといわれています。朝晩が涼しくなることで地面の温度や水温がいったん下がるため、南国であっても伊佐では美味しいお米ができるのです。

 

 

「作り手」がいい

伊佐の農家さんは、全国の米どころに比べ小規模な栽培で、くわえて高齢の方々が大多数を占めています。先祖代々の土地を守り、稲作文化を大事にしながら、愛情を込めて丹念に作っているのです。

 

 

 

伊佐米ブランド認証制度

 伊佐市では、伊佐ブランド認証品目のひとつとして、「米」の認証を行っています。
生産面積、生産量において県内一を誇り、品質・食味においても高く評価されています。

伊佐ブランド認証について(新規ウィンドウが開きます)

 

 

 

 

硫黄山噴火対応について(平成30年度~)

伊佐市の硫黄山噴火に伴う支援・施策等の対応、川内川河川の水質状況を掲載してます。

川内川河川情報・支援、施策対応について(新規ウィンドウが開きます)

過去のお知らせ

こんな時には?
  • 広告
  • 広告
  • 広告
  • 広告
  • 有料広告募集中

ページの最初へページの
最初へ