硫黄山噴火による川内川水質汚染対策についての情報(平成31年3月20日現在)

2019年03月20日

〈主な経過〉

10月16日~18日:川内川取水中止に係る市独自支援の補助金申請受付会

11月5日:対象農家へ代替水源確保に関する調査の中間報告

12月3日:鹿児島県川内川水質問題対策本部会議(3)(県庁:知事座長)

  4日:伊佐市農業再生協議会来年の水稲作付再開の方針を決定

  6日:菱刈土地改良区理事会・西太良土地改良区理事会

  12日:鹿児島県の硫黄山噴火に伴う代替水源可能性調査報告

   長期対策67%の面積をカバー、事業費307,300万円

  20日:農家説明(鹿児島県の代替水源可能性調査報告)

  21日:予算措置 代替作物導入緊急支援事業75万円(不足分)

     代替作物作付農地 362.5ha  9,063万円

     保全管理農地   103.3ha  1,033万円

     共済未加入農地   4.8ha   207万円

  21日:予算措置(追加) 農業水路等長寿命化・防災減災事業660万円

     水門の電動化・遠隔監視システム導入(総事業費6,000万円)

3月20日:予算措置 排水不良田の暗渠排水工事 6,000万円

          対象水田 68.6ha

     伊佐米、湧水産米のイメージアップ推進協議会設立 380万円

〈農業関係〉

  水稲作付け中止に伴う農家への支援策をまとめました。(対象:530ha、495戸)

 

【市の支援】

 ・市独自補償総額1億1,125万円

  農地保全管理費10,000円/10a

  代替作物取組支援25,000円/10a  

  共済未加入支援 33,000円/10a

          計1億304万円

     代替水源等の調査委託料 800万円

 ・風評被害対策として伊佐米キャンペーン、新聞掲載 310万円

 ・伊佐米、湧水産米のイメージアップ推進協議会設立 380万円

 

【県の支援】

 ・水稲代替作物(大豆、飼料作物)導入農家に作業委託料の支援(1/2) 5,379万円(9月)

 ・水門(2か所)の電動化・遠隔監視システム導入 6,000万円(12月)

      (県89%、市10%、地元1%)

 ・排水不良田の暗渠排水工事 6,000万円(3月)

      (国55%、県15%、市24%、地元6%)

 

【国の支援】(農林水産省ホームページで確認できます)

 ・作物転換等の取組に対して種子・種苗の購入、農業用機械のリース・レンタル等に要する経費の助成。(1/2以内)

 ・稲わらや代替粗飼料の確保に支障が生じた場合には、その確保に要する経費を助成。

   (5千円/トン以内)

以前の情報については以下のとおりです。
硫黄山噴火による川内川水質悪化についての情報(4月19日~5月3日)
硫黄山噴火による川内川水質悪化についての情報(5月4日~5月14日)
硫黄山噴火による川内川水質汚染対策についての情報(5月14日~6月11日)
硫黄山噴火による川内川水質汚染対策についての情報(6月11日~11月12日)

〈問い合わせ先〉 0995-23-1311

 ●全体窓口(経緯等)⇒総務課 内線1111

 ●農政関連(農地利用等)農政課 内線2240

過去のお知らせ

こんな時には?
  • 広告
  • 広告
  • 広告
  • 広告
  • 有料広告募集中

ページの最初へページの
最初へ