The Isa City homepage is translated by using the free translation service of an external site.
It is because of being mechanically translated when it is not a correct translation. Please acknowledge being not able to assume all the responsibilities in the Isa City even if the mistake etc. done by the accuracy of the translation are found beforehand.

入札参加資格申請(指名願い)手続き

入札参加資格申請(指名願い)手続き

平成31・32年度 入札参加資格審査申請書の受付について(建設工事、測量・建設コンサルタント等)

平成31・32年度に伊佐市が発注する「建設工事」、「建設工事に係る測量・設計等の業務委託」などの入札参加資格申請書を次のとおり受け付けます。

1.受付期間

  • 平成31年1月4日(金)から平成31年3月15日(金)まで(消印有効)

2.提出方法

  • 原則郵送(又は準ずる方法)とします。
    ただし、伊佐市内の申請者は持参可

3.提出先

  • 建設課管理係 担当:坂口
    〒895‐2701 鹿児島県伊佐市菱刈前目2106番地
    TEL 0995-23-1311(内線2227)

4.有効期間

  • 平成31年4月1日から平成33年3月31日まで(2年間)

5.申請様式

  • 国土交通省統一様式(県内業者は県様式に準じても可)

6.製本方法等

  • A4ファイルに綴じて提出してください。(色指定なし。背表紙に社名を記入)
  • かがみ(あいさつ文)は不要です。

7.提出書類

※なるべく次の順番に綴じてください。

建設工事

No. 書類名 参考様式データ 備考
1 一般競争(指名競争)参加資格審査申請書 国土交通省統一様式
EXCEL(74KB)
 
2 個人住民税に係る
特別徴収実施確認・開始誓約書
PDF(233KB)  
3 経営規模等評価結果通知書・総合評定値通知書の写し 提出時最新のもの
4 建設業許可書の写し  
5 年間委任状 WORD(31KB)
PDF(72KB)
支店等に委任する場合
6 営業所一覧表 EXCEL(35KB)
PDF(29KB)
本社のみの場合は不要
7-1 (法人の場合)法務局発行の登記簿謄本 写し可 
発行後3月以内のもの
7-2 (個人の場合)市町村役場発行の代表者の身分証明書 写し可
発行後3月以内のもの
8 印鑑証明書 写し可
発行後3月以内のもの
9 使用印鑑届 WORD(27KB)
PDF(64KB)
 
10-1 (法人の場合)税務署発行の納税証明書「様式その3-3」 写し可
発行後3月以内のもの
※ 市内業者→市役所発行の法人と代表者の「市税に滞納がない旨の証明書」もお願いします。
10-2 (個人の場合)税務署発行の納税証明書「様式その3-2」 写し可
発行後3月以内のもの
※ 市内業者→市役所発行の代表者の「市税に滞納がない旨の証明書」もお願いします。
11 技術職員名簿 EXCEL(50KB)
PDF(39KB)
 
12 工事経歴書(直前2年間) EXCEL(27KB)
PDF(33KB)
 
13 労災保険料納入証明書 「労働保険概算・確定保険料申告書」
及び「納付書・領収書」の写し可
14 雇用保険料納入証明書 ※3の「経営規模等評価結果通知書」において加入「有」又は「除外」になっている場合は添付不要。加入「無」になっている場合は以下の①・②のとおりです。
①雇用保険については、雇用保険料納入証明書等の加入がわかる書類(写し可)を添付。
②健康保険・厚生年金保険については、領収済通知書、社会保険納入証明書等の加入がわかる書類(写し可)を添付。
※3の「経営規模等評価結果通知書」を添付できないものにあっては、前の①・②又は適用除外誓約書(指定様式)を添付。
15 健康保険加入に関する証明書
16 厚生年金保険加入に関する証明書

測量・建設コンサルタント等

No. 書類名 参考様式データ 備考
1 一般競争(指名競争)参加資格審査申請書 国土交通省統一様式
EXCEL(99KB)
 
2 個人住民税に係る
特別徴収実施確認・開始誓約書
PDF(233KB)  
3 業態調書 EXCEL(26KB)
PDF(51KB)
国土交通省様式に準じたもので可
4 登録証明書・登録通知書等の写し  
5 年間委任状 WORD(34KB)
PDF(36KB)
支店等に委任する場合
6 営業所一覧表 EXCEL(24KB)
PDF(29KB)
本社のみの場合は不要
7-1 (法人の場合)法務局発行の登記簿謄本 写し可
発行後3月以内のもの
7-2 (個人の場合)市町村役場発行の代表者の身分証明書 写し可
発行後3月以内のもの
8 印鑑証明書 写し可
発行後3月以内のもの
9 使用印鑑届 WORD(27KB)
PDF(25KB)
 
10-1 (法人の場合)税務署発行の納税証明書「様式その3-3」 写し可
発行後3月以内のもの
※ 市内業者→市役所発行の法人と代表者の「市税に滞納がない旨の証明書」もお願いします。
10-2 (個人の場合)税務署発行の納税証明書「様式その3-2」 写し可
発行後3月以内のもの
※ 市内業者→市役所発行の代表者の「市税に滞納がない旨の証明書」もお願いします。
11 財務諸表(過去1年分)  
12 技術者経歴書 EXCEL(23KB)
PDF(35KB)
 
13 測量等実績調書(直前2年間) EXCEL(24KB)
PDF(33KB)
 
14 労災保険料納入証明書 「労働保険概算・確定保険料申告書」及び「納付書・領収書」の写し可
15 雇用保険料納入証明書 雇用保険料納入証明書等の加入がわかる書類(写し可)を添付又は適用除外誓約書(指定様式)を添付。

平成31・32年度 入札参加資格審査申請書の受付について(物品購入・役務等)

平成31・32年度に伊佐市が発注する「物品の購入、役務の提供、公用車整備・修理」などの入札参加資格申請書を次のとおり受け付けます。

1.受付期間

  • 平成31年1月4日(金)~平成31年3月15日(金)まで(消印有効)

2.提出方法

  • 原則郵送(又は準ずる方法)とします。
    ただし、伊佐市内の申請者は持参可

3.提出先

  • 会計課管理係 担当:井上
    〒895‐2511 鹿児島県伊佐市大口里1888番地
    TEL 0995-23-1311(内線1285)

4.有効期間

  • 平成31年4月1日から平成33年3月31日まで(2年間)

5.申請様式

  • 国土交通省統一様式(県内業者は県様式に準じても可)

6.製本方法等

  • A4ファイルに綴じて提出してください。(色指定なし。背表紙に社名を記入)
  • かがみ(あいさつ文)は不要です。

7.提出書類

※なるべく次の順番に綴じてください。

【物品購入・役務等】

No. 書類名 参考様式データ 備考
1 一般競争(指名競争)参加資格審査申請書 国土交通省統一様式
EXCEL(37KB)
 
2 個人住民税に係る
特別徴収実施確認・開始誓約書
PDF(231KB)  
3 実績報告書 WORD(40KB)
PDF(100KB)
過去2年分
4 年間委任状 WORD(32KB)
PDF(86KB)
支店に委任する場合
5 営業所一覧表 本社のみの場合は不要
6 納税証明書(※下記参照) 写し可
発行後3月以内のもの
7 登記簿謄本(※下記参照) 写し可
発行後3月以内のもの
8 財務諸表 WORD(31KB)
PDF(41KB)
過去1年分
9 印鑑証明書 写し可
発行後3月以内のもの
10 使用印鑑届 WORD(28KB)
PDF(76KB)
 

※6納税証明書について

・法人の場合 税務署発行の納税証明書「様式その3-3」
※市内業者については、市役所発行の法人と代表者の「市税に滞納がない旨の証明」 もお願いします。
・個人の場合 税務署発行の納税証明書「様式その3-2」
※市内業者については、市役所発行の代表者の「市税に滞納がない旨の証明」もお願いします。

※7登記簿謄本について

・法人の場合 法務局発行の登記簿謄本
・個人の場合 市町村役場発行の代表者の身分証明書

入札参加資格審査申請に係る変更届について(建設工事、測量・建設コンサルタント等、物品購入、役務等)

1.変更届様式

  • 変更届(30キロバイト/WORD)
    (県内業者は県様式に準じても可)

2.申請時に添付する書類

「解体工事業」の入札参加資格の取扱いについて

平成31年度入札参加資格審査について

平成28年6月1日施行の建設業法等の改正により、これまで「とび、土工工事業」に含まれていた「解体工事業」を独立させ、建設業の業種区分として、新たに「解体工事業」が追加されていますが、経過措置として、法施行日時点(平成28年6月1日)でとび・土工工事業の許可を受けて解体工事業を営んでいる建設業者は、平成31年5月31日までの間は解体工事業の許可を受けずに解体工事を施行することが可能となっています。

次回の平成31年度入札参加資格審査において「解体工事」の入札参加資格申請を予定される方は、「解体工事業」の許可を受けた上で、平成29年度を審査基準日とする経営事項審査を受ける必要があります。

平成31年6月1日以降は、「解体工事業」の建設業許可を有し、「解体工事業」について経営事項審査を受けている建設業者を選定の対象とします。

 

過去のお知らせ

こんな時には?
  • 広告
  • 広告
  • 広告
  • 広告
  • 有料広告募集中

ページの最初へページの
最初へ