本文

HOME > 健康・医療・福祉 > 健康・検診

健康・検診

予防接種

予防接種とは、感染症の原因となるウイルスや細菌、又は菌が作り出す毒素の力を弱めて予防接種液(ワクチン)をつくり、これを体に接種して、その病気に対する抵抗力(免疫)をつくることを予防接種といいます。

◆予防接種を受ける時の注意
  • 当日は、朝からお子さんの状態をよく観察し、普段と変わったところのないことを確認し、体調が悪いと思ったら、延期してください。
  • 受ける予定の予防接種について、通知やパンフレットをよく読んで、必要性や副反応についてよく理解しましょう。
  • 母子健康手帳、予防接種予診票を忘れずに持っていきましょう。
  • 日ごろの健康状態をよく知っている保護者の方が連れていきましょう。
  • 予防接種予診票は、接種する医師への大切な情報です。責任をもって記入するようにしましょう。
  • かかりつけ医がいる場合は、必ず前もってお子さんを診てもらい、予防接種を受けてよいか判断してもらいましょう。
◆予防接種を受けられない人
  • 明らかに発熱(通常37.5℃以上)のあるお子さん。
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなお子さん。
  • その日に受ける予防接種のワクチンに含まれる成分でアナフィラキシーを起こしたことが明らかなお子さん。
  • BCG接種の場合においては、外傷等によるケロイドが認められるお子さん。
  • その他、上記に当てはまらなくても医師が接種不適当と判断したときには、予防接種を受けることができません。
◆予防接種を受けた後の注意事項
  • 予防接種を受けた後30分間は医療機関で、お子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。
  • 接種後生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しましょう。
  • 接種後は、接種部位を清潔に保ち、接種当日は過度な運動は避けましょう。
  • 予防接種当日の入浴は差し支えありません。
  • 接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。
◆予防接種の該当者(該当時期)
【定期接種】
種別 対象者 実施要項及び接種回数(接種間隔の起算日は接種した日の翌日)
ヒブ 生後2ヶ月〜生後60ヶ月(5歳未満)
※接種開始月齢で接種回数が異なります。
標準的な接種スケジュール
開始が生後2ヶ月〜生後7ヶ月に至るまで
(初回)27日〜56日の間隔をおいて3回
(追加)3回目終了後、7ヶ月から13ヶ月の間に1回
<注意>ただし、初回2回目及び3回目の接種は、生後12月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わないこと。
この場合、追加接種は実施可能であるが、初回接種に係る最後の接種終了後、27日(医師が必要と認めた場合には20日)以上の間隔をおいて1回行うこと。
開始が生後7ヶ月に至った日の翌日〜生後12ヶ月に至るまで
(初回)27日〜56日の間隔をおいて2回
(追加)2回目終了後、7ヶ月から13ヶ月の間に1回
<注意>ただし、初回2回目の接種は、生後12月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わないこと。
この場合、追加接種は実施可能であるが、初回接種に係る最後の接種終了後、27日(医師が必要と認めた場合には20日)以上の間隔をおいて1回行うこと。
開始が1歳〜5歳に至るまで
1回
小児用肺炎球菌 生後2ヶ月以上生後60ヶ月(5歳未満)
※接種開始月齢で接種回数が異なります。
標準的な接種スケジュール
開始が生後2ヶ月〜生後7ヶ月に至るまで

(初回)27日以上の間隔をおいて3回(生後24ヶ月までに完了)

(追加)3回目終了後、60日以上の間隔をおいてかつ、生後12ヶ月以降に1回
<注意>ただし、初回2回目の接種は、生後24月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わないこと(追加接種は実施可能)
また、初回2回目の接種は生後12月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は、初回3回目の接種は行わないこと(追加接種は実施可能)

開始が生後7ヶ月に至った日の翌日〜生後12ヶ月に至るまで

(初回)27日以上の間隔をおいて2回(生後24月までに完了)

(追加)2回目終了後、60日以上の間隔をおいてかつ、生後12ヶ月以降に1回
<注意>ただし、初回2回目の接種は、生後24月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わないこと(追加接種は実施可能)

開始が1歳〜2歳に至るまで
60日以上の間隔をおいて2回
開始が2歳〜5歳に至るまで
1回
4種混合
・ジフテリア
・百日せき
・破傷風
・急性灰白髄炎(ポリオ)
生後3ヶ月〜
90ヶ月(7歳6ヶ月)未満
(初回)20日〜56日までの間隔をおいて3回
(追加)3回目の接種終了後、1年後に1回
3種混合
・百日せき
・ジフテリア
・破傷風
生後3ヶ月〜
90ヶ月(7歳6ヶ月)未満
(初回)20日〜56日までの間隔をおいて3回
(追加)3回目の接種終了後、1年後に1回
2種混合
・ジフテリア
・破傷風
11歳以上13歳未満 1回
不活化ポリオ 生後3ヶ月〜
90ヶ月(7歳6ヶ月)未満
※四種混合接種者を除く
(初回)20日以上の間隔をおいて不足する回数
※ポリオの接種履歴によって回数が異なります。
(追加)初回終了後1年後
BCG 生後1歳未満 1回
MR(麻しん風しん)混合
・麻しん
・風しん
1期:1歳〜2歳未満 1回
2期:小学校就学前の者
(幼稚園・保育園等の年長児)
1回
水痘 生後1歳〜3歳未満 合計 2回接種
(初回)標準として生後12ヶ月〜15月ヶまでに 1回
(追加)標準として1回目接種後6ヶ月から12ヶ月までの間隔をおいて 1回
日本脳炎 1期
3歳〜7歳6ヶ月未満
(初回)6日〜28日までの間隔をおいて2回
(追加)2回目の接種終了後、1年後に1回
2期
9歳以上13歳未満
1回
※勧奨が差し控えられたお子さんに対する接種機会の確保について
平成17年の積極的勧奨の差し控えにより、平成7年4月2日〜平成19年4月1日に生まれた方(特例対象者)も希望すれば受けられます。
子宮頸がん 小学6〜高校1年相当の女子
※1回目と同じワクチンを2回目、3回目も使用します。
サーバリックス(3回)

標準的な接種スケジュール(中学1年のとき)
 (2回目)1回目の接種から1ヶ月後
 (3回目)1回目の接種から6ヶ月後

上記以外の場合
 (2回目)1回目の接種から1ヶ月以上の間隔
 (3回目)1回目の接種から5ヶ月以上、かつ2回目の接種から2月半以上の間隔

ガーダシル(3回)

標準的な接種スケジュール(中学1年のとき)
 (2回目)1回目の接種から2ヶ月後
 (3回目)1回目の接種から6ヶ月後

上記以外の場合
 (2回目)1回目の接種から1ヶ月以上の間隔
 (3回目)2回目の接種から3ヶ月以上の間隔

●子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」について

厚生労働省の勧告により、平成25年6月14日から、子宮頸がん予防ワクチンの接種については、積極的勧奨が差し控えられています。

詳しくは下記をご参照ください。

【任意接種】
●ロタウイルス予防接種の全額公費負担を始めました。

伊佐市では、平成27年度(平成27年4月1日)から、ロタウイルスワクチン接種の全額公費負担を開始いたしました。

この予防接種は、予防接種法に基づかない、任意の予防接種になります。接種については保護者の希望のもと、医師の判断により行われるものになります。

ロタウイルス感染症は、子どもの下痢やそれに伴う嘔吐があることから「嘔吐下痢症」とも呼ばれますが、正式にはウイルスが原因の「ウイルス性胃腸炎」です。例年3月から5月に流行がみられ、5歳までにほぼすべての子どもがロタウイルスに感染するといわれています。感染力が強く、根本的な治療法がないために、ワクチンによる予防が効果的です。

自費によるロタウイルスワクチン接種では、規定回数(2〜3回)の接種を完了するのに、通常約29,000円の費用を必要とします。今回この費用を公費で負担することにより、定期予防接種と同様に医療機関で費用を支払わず接種を受けられます。

ロタウイルスワクチンは2種類あり、対象条件は下記のとおりで、予防効果は両ワクチンとも良好で、効果に差はありません。

※伊佐市内指定医療機関で接種されるワクチンは、通常「ロタリックス(1価)]の接種になります。

種別 対象者 接種回数及び接種間隔
ロタウィルス

ロタリックス(1価)

生後6週から24週まで

計2回(経口)接種

生後6週以降1回目の接種を行い、2回目は1回目から27日(4週間)以上の間隔をあけて接種することとし、生後24週までに接種を完了する。

ロタテックス(5価)

生後6週から32週まで

計3回(経口)接種

生後6週以降1回目の接種を行い、2回目は1回目から27日(4週間)以上の間隔をあけて、3回目は2回目から27日(4週間)以上の間隔をあけて接種することとし、生後32週までに接種を完了する。

※両ワクチンとも初回(1回目)の接種は生後14週6日までに行うことが推奨されています。

※ロタウイルス予防接種は、伊佐市医師会の協力により実施されていますので、伊佐市内の指定医療機関以外で、自費接種した費用の払い戻しはできませんので注意してください。

◆予防接種実施医療機関

予防接種は伊佐市内の下記指定医療機関での接種になります。

※里帰り出産や主治医が市外の医療機関である場合など、特別な事情がでして医療機関以外での接種を希望される場合は、こども課まで事前にご相談ください。

◆各予防接種予診票送付案内の時期

各予防接種の予診票送付時期は下記の表のとおり計画しています。

※発送日については予定になりますので、1〜3日ほど前後する場合がございます。

◆異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔

予防接種で使うワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあり、異なった種類のワクチンを接種する場合に間隔を守ることが必要です。また、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合には、それぞれ定められた間隔があるので、間違わないようにしてください。

生ワクチン

※生ワクチンを接種した日の翌日から起算して、別の種類の予防接種を行う日までの間隔は、27日以上おく

不活化ワクチン

※不活化ワクチンを接種した日の翌日から起算して、別の種類の予防接種を行う日までの間隔は、6日以上おく

◆転入された方へ

予防接種の対象となるお子さんがいる場合には、こども課まで母子健康手帳をご持参ください。

●予防接種についてのお問い合わせ

伊佐市役所 こども課 こども健康係(0995-23-1311)(内線1215)

健康診査、がん検診などについて

「自分の健康は自分で守り、早期発見、早期治療に務めましょう」

●健(検)診等一覧

平成29年4月1日現在

検(健)診名 対象者 内容 実施場所 料金
特定健康診査 40〜74歳で伊佐市国民健康保険に加入している人 問診、血圧測定、尿検査、身体計測、腹囲測定、血液検査、心電図
※必要な人に眼底検査
※長寿健康診査では、腹囲測定は実施しません
※特定健康診査は、集団健診と個別健診(医療機関)があります
大口元気こころ館、
菱刈総合保健福祉センター(まごし館)
無料
長寿健康診査 後期高齢者医療保険に加入している人 無料
肝炎ウイルス検診 40歳以上で過去に検査を受けたことのない人 B型、C型肝炎ウイルス検査
※個別勧奨対象者は料金無料
B型100円
C型500円
前立腺がん検診 40歳以上の男性 前立腺特異抗原検査(PSA検査) 500円
腹部超音波検診 40歳以上の人 超音波による腹部検査 1,200円
骨粗しょう症検診 超音波による骨密度検査 300円
胃がん検診 問診、胃部X線間接撮影
(バリウム)
1,200円
肺がん検診 問診、胸部X線デジタル撮影(二重読影)問診の結果、必要な人に喀痰細胞診 検診車が各地区を巡回して実施 読影500円
喀痰700円
大腸がん検診 問診、便潜血反応検査(採便2日法) 各地区を巡回して実施 600円
子宮頸がん検診 20歳以上の女性 問診、頸部細胞診 大口元気こころ館、
菱刈総合保健福祉センター(まごし館)
1,000円
乳がん検診 40〜49歳の女性 問診、乳房X線撮影
(マンモグラフィ2方向)
2,000円
50歳以上の女性 問診、乳房X線撮影
(マンモグラフィ1方向)
1,000円
歯周病検診 40・50・60・70歳の人 問診、口腔内検査等
※歯科医院での個別受診です
伊佐市内の歯科医院 無料
結核検診 65歳以上の人 胸部X線デジタル撮影(読影)
※肺がん検診や病院などで胸部X線撮影をされる予定の人は、市が行う結核検診を受診する必要はありません
検診車が各地区を巡回して実施 無料

※実施時期等の詳細については、伊佐市役所市民課健康推進係(23-1311)へお問い合わせください。

●定期健康相談
  • 菱刈総合保健福祉センター(まごし館)で月1回行います。

日程については、伊佐市役所市民課健康推進係(23-1311)へお問い合わせください。

●高齢者インフルエンザ予防接種について
  対象となる方 接種回数等
インフルエンザ ・65歳以上
・60歳以上65歳未満で特定疾患をもつ人(※)
・接種回数  1回(毎年度)
・接種費用  各医療機関によってことなりますが、市から1,500円補助します。差額は自己負担になります。接種費用については、各医療機関へ直接お尋ね下さい。

※60歳以上65歳未満で特定疾患をもつ人とは、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいを有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する者です。

姶良・伊佐地区CKD(慢性腎臓病)予防ネットワークについて

腎臓の機能が慢性的に低下した状態をCKD(慢性腎臓病)といいます。

腎臓の病気は、自分には関係ないと思っていませんか。

腎臓は沈黙の臓器と言われ、進行するまで無症状です。

実は、CKDの患者数は、全国で約1,330万人と推計されており、「新たな国民病」と言われるほど、とても身近な病気です。

腎臓は、一度悪くなってしまうと、もとに戻ることがありません。放置しておくと、末期腎不全に陥り、人工透析が必要になってしまいます。

姶良・伊佐地区では、平成29年4月からCKD(慢性腎臓病)の重症化を予防するためにCKD(慢性腎臓病)予防ネットワークをスタートします。

CKD(慢性腎臓病)予防ネットワークとは、特定健診等で腎臓の異常等が発見された人を「かかりつけ医」と「腎臓診療医」が連携して診療することです。

◆医療機関のみなさまへ

姶良・伊佐地区CKD予防ネットワークの様式等は次のとおりです。

ダウンロードしてお使いください。